アナルセックス

ゲイ同士のセックスではアナルセックスです。

ウケの人は自分の中で果ててくれることに喜びを覚えたり感じたりしますがどうせならウケの人が気持ちいいと思ってくれるようなアナルセックスをタチの人はぜひ覚えましょう。

アナルは構造上排泄物を出すところですので挿入には向いていないため、はじめは痛みを伴うのは当然のことです。だからこそ慣れるまでや快楽を伴うまでは非常に長い時間をかけて相手のペースに合わせて行っていくことが大切です。

自分本位のセックスをしていてはいつまでたっても相手は気持ちいいとは思えなくなってしまいますし、それだったらフェラチオの方が楽だし気持ちいいと思ってしまう人も多いでしょう。

さらに言ってしまえば性病などにもかかりやすい部分です。アナルセックスは思った以上に高度なセックスの一つなのです。いくらゲイ同士といえどもすべての人がいいというわけでありません。

まずは清潔を保つようにしましょう。
一般的なのがシャワ浣ど呼ばれるもので腸の中を洗浄することですが、やり方が分からないという人も多いですし浣腸に抵抗がある人も多いと思いますので簡単な方法としてウォシュレット機能がついた便座で水をお尻の穴に入るように位置調整をして当たったら排泄するつもりで力むと穴が広がってそこから水が入るのでやってみましょう。

次にローションをたっぷりと使いましょう。
ローションを使うことで摩擦が減り痛みが減ります。痛みを伴うおもな原因ですので滑りをよくしましょう。使いすぎということはアナルセックスにおいてはありません。はじめの方とくにたっぷりと一本使いきるぐらいの気持ちで使いましょう。

そしてステップアップが肝心です。
いきなり穴の中に入れようとしても体慣れていないですし恐怖心から力んでしまいます。はじめは恐怖心を取り除く意味で小指や麺棒などをいれてみて入った時の感触を確かめたりしましょう。

とにかくいきなりやるのだけはやめましょう。痔になってしまうのも珍しくありませんし恐怖心から二度としたいと思わないでしょう。

ステップアップしていけば気持ちよくなってきますので焦らずウケの人の気持ちを尊重していきましょう。

★男同士の楽園ならここ★ ゲイ同士の出会いの定番 男×男の本気の出会い
ゲイパラ メンズクラブ メンズゲット