警察沙汰

ハッテン場はここ最近迷惑防止条例などの関係で警察の介入が増えてきました。

不純異性交遊を禁止している日本では、警察沙汰になることも多いのです。

たとえば普段は職場などで働いていて自分をゲイだと隠して生活している人も多いでしょう。しかし、ハッテン場にいて警察が突入してきたときに居合わせてしまったら一緒に警察に連行されてしまいます。

そうなってしまえば職場には必ずバレテしまい、自分の経歴に傷がつく人も珍しくありません。ゲイだとばれた瞬間に掌を返して遠ざかってしまう環境の方が現実は多いから隠している人が多いのです。

ハッテン場の取り締まりは年々厳しくなってきております。自分が暴力をふるわれようとレイプをされようとひったくりにあったとしても性感染症になってしまったとしてもそこから相手に対して訴訟を起こしたりするのは難しいのです。

それよりもバレテしまうリスクをかんがえたら我慢しようと思う人の方が大半を占めております。

一時に性欲のために人生を棒にふるってしまうことも十分に考えられます。とくに今の不景気の時代に事件などが発覚してしまえばそれだけでお先真っ暗です。

ハッテン場にいって警察に連行されるリスクを考えたら行かないほうが全然良いと思います。

有料のクルージングスペースなどもありますが、それも年々警察が厳しく眼を光らせております。

★男同士の楽園ならここ★ ゲイ同士の出会いの定番 男×男の本気の出会い
ゲイパラ メンズクラブ メンズゲット