香水が強め

ゲイの特徴として挙げられるのが、香水が強めということです。

これは見た目などの視覚的にアピールするのではなくて、「におい」つまりは嗅覚にアピールしていると言ってもいいでしょう。

街や電車などで、たまに香水を強めにかけている人を見かける人がいますが、注意深く観察しているとなんとなくゲイっぽい女性らしい立ち振る舞いをしています。

ゲイの人のイメージで思い描くのは、ハッテン場などにいる不特定多数にいる誰でもいいから!という人などがゲイの印象があるかと思いますが、ノンケのイメージとは違って男性同士だから綺麗に!と考えている人が多くかなり綺麗好きな人が多いのです。

男性同士だとどうしても不潔な印象を周りは思ってしまいますし、性欲が強いのでそっちを先行して考えてしまい、性病などを気にせずに性行為を重ねてしまいがちと受け取ってしまいますし、たびたびニュースなどでも流れていますので否定は志津づらいところもありますが、決してそういった人だけではない!ということを覚えておきましょう。

そして、男性はどうしても年齢を重ねるごとに体臭がきつくなってきます。
女性だとそういったことを気にしなくてもいいかもしれませんが、においが強めだとどうしても萎えてしまう人もいますので香水をキツメに振りかける人もいます。

もちろん性行為後のにおいをごまかす意味で香水を使っていますが、それ以外にも自分がゲイです!ということを周りに振りまいている可能性が高いのです。

においを消すためとアピールするための両方で使われております。

★男同士の楽園ならここ★ ゲイ同士の出会いの定番 男×男の本気の出会い
ゲイパラ メンズクラブ メンズゲット