脅迫行為

出会い系サイトでは悪徳業者が様々な手段を用いて健全な利用者を裏切るような行為をしていますが、もっとも卑劣な行為はやはり性的マイノリティを糧にした脅迫行為が一番許せない行為と言えるでしょう。

ゲイ専門の出会い系サイトでなんでも打ち解けられるようになった人がいたとしても、絶対にどんな会社に勤めていたり、どこに住んでいるのかを相手に示してはいけません。

ゲイバーなどでもあだ名や偽名を使って相手とコミュニケーションを図るのが普通です。

インターネット上で簡単に身元や身分が分かってしまうようなことをしてしまわないようにしましょう。

もし、それを安易にさらしてしまい信頼している人が悪徳業者のなりすまし(サクラ)だった場合は情報を公開されてしまします。

絶対に信頼のおける人が見つかって打ち解けられたとしても言わないようにしましょう。

ゲイの世界では身元しろうとしたりするのはタブー視されております。

中にはカップルになっても一線を画しているのも珍しくありません。

それは円滑に二人の生活を進めるためのゲイ同士の暗黙の了解となってきております。

それなのにもかかわらずインターネットで本名を聞いてきたり、身元を探ろうとするゲイの人は下手をしたら脅迫目的で相手に迫ろうとしている可能性も捨てきれません。

もしバレてしまったら終わりだと思って絶対にばらさないか、出会ってお互いに秘密を共有してからにしましょう。
自分だけが情報を引き出される!ということだけはしないようにしましょう。

★男同士の楽園ならここ★ ゲイ同士の出会いの定番 男×男の本気の出会い
ゲイパラ メンズクラブ メンズゲット